いざ寝ようと布団にはいるも…

この投稿にコメントを書く場合は、この投稿の最下部よりコメントを送信して下さい。
書き込まれたコメントに対して返信する場合は、「返信する」から返信して下さい。
※ Javascript が無効の状態です。

現在は Javascript が使用できない状態です。

当サイトのご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。

恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。

※ Javascript を有効にすると登録フォームが表示されます。

不眠症の投稿コメントする

Yuzu
女性 Yuzu(非公開)
いざ寝ようと布団にはいるも…
どうやら寝方を忘れてしまった見たです。
布団に入る→電気を消す→目を閉じる
たったこれだけのことなのに…
それができない自分が嫌だ。
結果布団に入って、数時間寝れず、眠剤に頼ってしまう毎日…
皆んさんはどのような対策?改善を行っていますか?
kurodakanbee1221
男性kurodakanbee1221(非公開)
日本は遅れていますが、欧米では眠剤以上に認知行動療法が進められています。
詳しくはお調べいただいたほうが良いと思いますが、一つには眠れない状態を布団の中で長く過ごすのはそれだけ不眠を体に覚えさせてしまう結果につながると言われています。
要するにパブロフの犬に見られるような条件反射が、布団の中=眠れない場所。苦しい場所。として体が覚えるようになってしまうという事です。
ですので、眠れないときは無理して布団の中にいるより、眠れるようになるまで、ゆっくり本でも読んで副交感神経が働く状況を作るほうが良いという事です。
間違ってもコーヒーやお酒を飲んだり、テレビやスマホを見るなど交感神経を高ぶらせることは控えるという前提ですよ。
あとは、寝る環境をしっかりと整えます。自分のベッドの上を寝るための環境が整って気持ちよく眠れる場所であるという事を体に覚えこませるという事です。明るさ、音、温度・湿度、ほこりなども含めて、安心できる環境を作ります。そのためには部屋の改装などが必要になる場合もありますが、安価に手早く整えるには、安眠家具などを使う方法もあります。
このコメントに返信
Yuzu
女性Yuzu(非公開)
認知行動療法という方法を後で調べてみます。 眠くなるまで布団に入るなということでしょうか? 私はお酒は飲めません。 またコーヒーなどのカフェインは、 1日2本までと決めています。 なので夜、副交感神経が働く状態にはならないです。 スマホやテレビも極力寝る前は見ないようにしています。 本はあまり好きではないので、 基本的に寝るまでの間、ボーっとしたり、 明日のこと考えたり、 今日こんなことあったな~など… 良くないんでしょうか? 起きていたら考えたりしてしまいますよね…
このコメントに返信
kurodakanbee1221
男性kurodakanbee1221(非公開)
寝るときに、いろいろな考えが沸き上がって眠れない。ネガティブな考えが上がって眠れないときなどは、頭の中で「んー」とか「ムーン」等意味のない言葉を言うというテクニックがあります。思考も言語で行うために、別の言葉を頭で考える事で、考え事で眠れないという状況に効果的です。
このコメントに返信
Yuzu
女性Yuzu(非公開)
今の私には「んー」「ムーン」等を頭の中だけではなく、 言葉を発したほうがいいのかなって… ただずっとそんなようなことを1人で言っていると、 変な人に思われてしまうと思いますが、 寝るときは1人なので、まあいいかなって… kurodakanbee1221さんのアドバイスをもとに、 今日眠れなかったらやってみます。 ありがとうございます。
このコメントに返信
ページの先頭へ