睡眠障害もちです

この投稿にコメントを書く場合は、この投稿の最下部よりコメントを送信して下さい。
書き込まれたコメントに対して返信する場合は、「返信する」から返信して下さい。
※ Javascript が無効の状態です。

現在は Javascript が使用できない状態です。

当サイトのご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。

恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。

※ Javascript を有効にすると登録フォームが表示されます。

不眠症の投稿コメントする

真希子
女性 真希子(非公開)
睡眠障害もちです
薬がないと一睡もできません。
2日連チャンで徹夜、朝まで映画を見て過ごし、昼間もギンギン…
仕事はまともにことすら不可能な状態…
不思議に思うんですが、そもそもなぜ不眠症なんだろう?
なぜ薬がないと眠れないんだろう?
薬を飲まないと全然眠気がこない…

人間は昼間活動して夜は眠れる生き物なのに…
朝太陽の光が当たって、睡眠スイッチも入るといいます。
それなのに…毎晩薬を飲まないと眠れないというのは、
つくづく疑問なんですよね…
こんな風に疑問に思ったことはありませんか?

薬に頼らず同じ時間帯に眠気が来るのが普通なのに…
なぜ薬に依存してしまうんだろうか?
これは一生、死ぬまで薬に依存しなくてはならないのでしょうか…

つまり私が言いたいことは、不眠症の人はなぜ、睡眠薬を飲まないと眠気が起きないのか知りたい。
知っている方がいらっしゃいましたら回答よろしくお願いします。
kurodakanbee1221
男性kurodakanbee1221(非公開)
薬という物を皆さん勘違いされていますよ。薬は、体がそうしようとしていない事を無理にさせる物なのです。頭では眠りたいと考えているかもしれませんが、体は眠らないようにしようとしているのです。その原因は例えばストレスなどで、危機を感じて眠ってはいけないと体が反応しているようなことです。その体の反応に対して無理やり薬で眠らそうとすれば、体としてはそれに基本的に抵抗します。そして徐々にその薬に対して体が勝っていくことが、耐性が付くという事です。耐性が付いた体が薬に抵抗して眠らないようにするわけですが、頭では眠らなければいけないと考えてたくさんの薬を飲んだり、薬がないと眠れないと考えるようになります。これが依存です。元々の眠れなかった原因(例えばストレス)がもし無くなっていたとしても、体対薬の攻防が起こるようになります。そうなると不眠症の原因はストレスでも何でもなく睡眠薬という事になるんです。眠れないから睡眠薬を飲むけれど、眠れない原因は、睡眠薬に対しての耐性が付いた体が、睡眠薬を攻撃して眠らないように体を修正するようになるという事です。
このコメントに返信
真希子
女性真希子(非公開)
うん? もっと文章を短くして簡単に言ったら、 薬のせいで不眠症になっているってこと? じゃ薬をやめれば、眠れるようになるの? あなたはどうしましたか? 薬を辞めてからどれくらいで普通に眠れるようになりました? またどのような1日のルーティンでしたか?
このコメントに返信
クソ野郎
男性クソ野郎(非公開)
私、このクソ野郎に論理立てて分かりやすく説明させて下さい。kuroなんたらでは役不足のようなので。
まず、いわゆる睡眠薬、つまり睡眠導入剤は眠気をおこすものではありません。
目をつぶってベッドで横になれば、自然に眠りに移行させるものです。だから正式には睡眠導入剤と言います。
誰かと話をしていたり、パソコンを操作していれば普通に起きていられます。
眠気をおこす薬剤は、別にあります。抗ヒスタミン剤、いわゆる抗アレルギー剤ですね。
これで眠気を催した経験は、皆さんあると思います。
ここからが、あなたの質問に対する解答、つまり本題となります。不眠には、二通りあります。ひとつは、脳の覚醒によるもの、つまり興奮です。怒りや悲しみ、過度の喜びなどがあります。これは、精神安定剤で改善されます。
もうひとつは、メラトニン不足です。
メラトニンは、目をつぶって横になった状態からノンレム睡眠へと移行させるものです。
いわゆる睡眠薬、つまり睡眠導入剤はこの役目を果たすものであり、決して眠気を誘発させるものではありません。
また、メラトニン分泌量にはもともと個人差があり、睡眠時に成長ホルモンが分泌されることから体格の大小に比例する傾向が見られます。
また、年を重ねると他のホルモン同様分泌量が減少していく傾向があり、睡眠時間も短くなっていきます。
経年ホルモン変化は、更年期障害というかたちで誰にでもあり得ることです。
人間の体には個体差があります。睡眠不足によって普段の生活がお辛いようでしたら、無理をせずに薬剤によって足りないものを補い、平穏な生活を送られたらよろしいと思います。
このコメントに返信
ページの先頭へ