サイコパスかも…

この投稿にコメントを書く場合は、この投稿の最下部よりコメントを送信して下さい。
書き込まれたコメントに対して返信する場合は、「返信する」から返信して下さい。
※ Javascript が無効の状態です。

現在は Javascript が使用できない状態です。

当サイトのご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。

恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。

※ Javascript を有効にすると登録フォームが表示されます。

サイコパスの投稿コメントする

ジュン
男性 ジュン(非公開)
サイコパスかも…
私は他人の死に対して全く関心がありません。
父親が高校生のときに、余命宣告をされその数か月後に亡くなりました。
死に対して、何の感情もなく「死んだんだ…」とぐらいしか思ってませんでした。
お葬式で泣くこともありませんでしたし、今も父親がいなくてなくことはありません。
家族や友人とそういった人の死に対して話してても、
やはり私はみんなとズレていると感じますし、周りからも「安田大サーカスのクロちゃんと同じだよ」と言われました。
同じということはサイコパス?
今ツイッターなどで話題になってますよね。
私は自覚症状もそもそもないし…
周りになんと何言われても傷つくこともない…
おかしいですか?
私は人間としての感情はなのかもしれません。
人間じゃなくってなんだよって話になりますが…www
柊
女性(非公開)
まぁ、確かに一般的には身近な人の死について人間は、死の一瞬よりも生きていた頃の多大な過ごした時間と感情の宛先が消えることに対して切なく、泣くのです。もらい泣きも共感性があるからこそ目の前の人と亡くなった方の多大な時間と感情の宛先を考え切なくて泣けるのです。

ジュンさんは少しサイコパスかもしれないですね。決めつけ、ではないですがサイコパスに類似していると思われます。

サイコパスは、共感性や悲しむ、喜ぶといった感情に疎く鈍い人間です。
また、優れているのです。自分の感情が出ないからこそ、物事が進みやすくなる。

自分や相手の感情に捕われる人間は、自分の人生がそれで幸せなんですよ。執着するというのはその人が居て安心する、だから離れたくないということが長く続くだけですから。その分、周りが見えにくく円滑には人生が進まないのです。

あと、ジュンさんはちゃんと人間ですよ。
研究体として存在するヒトではないですよね。個人の権利を有する人で、社会から認められる存在。人間ですよ。
このコメントに返信
ページの先頭へ