禁断症状

この投稿にコメントを書く場合は、この投稿の最下部よりコメントを送信して下さい。
書き込まれたコメントに対して返信する場合は、「返信する」から返信して下さい。
※ Javascript が無効の状態です。

現在は Javascript が使用できない状態です。

当サイトのご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。

恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。

※ Javascript を有効にすると登録フォームが表示されます。

ギャンブル依存症の投稿コメントする

リオネル
女性 リオネル(非公開)
禁断症状
ギャンブル依存症について質問させていただきます。
何ヶ月で禁断症状は消えますか?
どっぷり依存症になった人に対し、無理矢理ギャンブルをできない状況を作ったとして。
また、ギャンブル依存症の方がその種のギャンブルが出来なくなると、
依存症の方は別のギャンブルに手を出すのでしょうか?
もちをん個人差もあるでしょうし、判断基準もあいまいなものですが…
女性(非公開)
もう死ぬしかなくなった者からのアドバイスです。
禁断症状は押さえつけられているだけで、一度できた体内のドーパミン受容体は無くならない。
表面上では震えたりイライラしたり、しかし平静なときもある。
朝が来て夜が来て朝が来て夜が来て。
しかし太陽は存在し続ける。
パチンコ好きはまたパチンコやるためになんとか知恵を振り絞る。
監禁されてるあいだも。
治った演技もする。
そいつの目を潰すか、手首の先を切り落とすしか方法はない。
それは無理だから依存症者と世帯離れて忘れるしかない。
押さえつけるほど、ひどくなる。
ひとつ方法はある。
薬を騙して食事の中に入れてやる。
なんの薬か?
睡眠薬。
毎日眠らせる。





このコメントに返信
ページの先頭へ

Warning: Unknown: write failed: No space left on device (28) in Unknown on line 0

Warning: Unknown: Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct () in Unknown on line 0