強迫性障害について質問

この投稿にコメントを書く場合は、この投稿の最下部よりコメントを送信して下さい。
書き込まれたコメントに対して返信する場合は、「返信する」から返信して下さい。
※ Javascript が無効の状態です。

現在は Javascript が使用できない状態です。

当サイトのご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。

恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。

※ Javascript を有効にすると登録フォームが表示されます。

強迫性障害の投稿コメントする

みずき
女性 みずき(非公開)
強迫性障害について質問
・2、3年前から鍵の確認を何度もするようになった
・縁起の悪い数字を避ける(こだわりの数字の回数まで手を洗う)
・寝る前に部屋にあるぬいぐるみを3回以上触ってから寝る(触って寝なかったら不吉なことが起きそう)
など、
こんな風に思い込んでしまって、寝る前や出掛ける前にいろいろな儀式的な行為をしないと気が済みません。
本当は早く寝たいし、家を早くでなきゃいけないのに…
他にも洗い物やお風呂、洗濯物を畳むのに普通より時間がかかります。
毎日儀式的な行為をするのが辛く、苦痛で仕方ありません。
止めたい…止めた途端に、悪いことが起きると思ったら怖くて止めることができません。
私は症状が軽い方なんでしょうか?
簡単に調べてみたんですが、病院に行くレベルなのかそうではないのかよく分かりません。
ただ…こういったことのせいで、会社に遅刻することが多いです。
カリカリ梅はセブン産に限る
男性カリカリ梅はセブン産に限る(非公開)
おはようございます。
ぶっちゃけ素人なので知りませんが、会社に面倒かけるくらいなら、ささっと病院に行きましょう。
僕から言わせて貰えば、その行為をしようかしまいが、不幸が起こるときは起こります。
ま、人間誰しもそういう部分は持ち得ますが、あんなの何の意味も持たない一種の逃走ですね。
言い換えれば、都合の良い所だけを切り抜きたいだけです。
貴女の場合別にそのままでも良いのでしょうが、これからの未来を思えばやっぱり病院ですね。
遅刻は印象悪いですし、その儀式のおかげで、早速悪いこと起きてるのに気付いていますか?
貴女の精神と肉体に負担ばかりで、会社からは遅刻をする自己管理出来ない奴と思われてるでしょう。
ほら、やっぱり良いことなど一つもありません。
そういうのは負担にならない程度で行うのが一番です。
なので、ささっと病院にGOです。
このコメントに返信
迷い人
男性迷い人(非公開)
おはようございます。
私も強迫性障害です。
まず、カギの対処法ですが口に出して、鍵閉め良し、など
確認すればいいと思います。不安になったら言葉に出したことを思い出す

縁起が悪い数字、よん、きゅう、だとおもいます。は、
数字の意味を考える、なぜ縁起が悪いのか、所詮数字です。ただの文字です。

寝る前にぬいぐるみを触るは、疲れきった心を安心させるルーティンだと思います。、そこで1日が終わると言う意味、苦痛なら捨てるか見えないところにしまってしまった方がいいと思います。

風呂や洗濯物に関しては、時間を短縮かするルールを決めた方がいいです。何がダメで何が良いのか妥協点を探せば時間短縮出来ると思います。、ルールを決めるのに多少時間がかかります、

儀式行為の意味を考える時間を持った方が良いと思います。辞めたくても辞められない、イライラ、不安、頭から離れない、が、あると思いますが焦らず直していきましょう。

病院についてですが、なんとも言えません
薬が効く人もいれば、効かない人もいます。
話を聞いてもらうのは良いかもしれません
友人、親、病院の先生理解者がいれば不安が払拭するかもしれません

精神病なので、自分との戦いです。
逆に儀式行為をやめたらどうなるのかを考えるのも良いかもしれません、具体的になぜ不安なのか、悪いことが起こるかもしれないは、かも、なので別で不確定です。

長くなり、すいません
ちなみに、僕は不潔恐怖症です。
少しずつですが治ってると思います
頑張りすぎず、ユルくいきましょう。
では
このコメントに返信
えりか
女性えりか(非公開)
鍵に関してはいろんな商品が出てきます。

鍵しめたらオレンジのマークになるアイテムだとか、
音で知らせてくれたりするのもあるみたいです。

私の場合は、鍵を閉めたらスマホで鍵穴の写真を撮るようにしました。うちの鍵は鍵穴が横になっていたら鍵がしまっているということです。外出先でも不安になったらその写真をみたら安心する。家に帰ったらその写真を消す。

不安なのってなかなか直らないですが、前向きに自分に合ったアイテムを探して試してるというのもいいかもしれません。
このコメントに返信
ページの先頭へ