洗浄機付トイレの跳ねについて

この投稿にコメントを書く場合は、この投稿の最下部よりコメントを送信して下さい。
書き込まれたコメントに対して返信する場合は、「返信する」から返信して下さい。
※ Javascript が無効の状態です。

現在は Javascript が使用できない状態です。

当サイトのご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。

恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。

※ Javascript を有効にすると登録フォームが表示されます。

強迫性障害の投稿コメントする

にゃんた
女性 にゃんた(0歳)
洗浄機付トイレの跳ねについて
私は不潔恐怖です。

今、一番悩んでいるのは洗浄機付トイレの洗浄の時の水の跳ねです。水の性質上、跳ねるのは当然でしょうが、すごく気になっています。内股に跳ねるのが特に気になります。排泄物が混じって跳ねてるようで、不快でたまりません。水量にもすごく気を遣っています。「強」なんて絶対使えません。また、洗浄が終わって、ペーパーで水分をふき取る時に水が手に付くのも、排泄物の汚れが混じっているようで気になり「汚れの伝染」が始まると思ってしまいます。水の付いた手で服に触ると服は汚れるし、またそこに触れば汚れが付くし、そこが物に触れば、その物も汚れてしまうと思うのです。そんな思いをしたくなくて、トイレに行く際には、使い捨て手袋を使っています。また、お風呂も、おしりと内股を念入りにに洗ってしまい、辛いし疲れます。
一般的に皆さんは、跳ねようが、水が付こうが大して汚いと思わないのでしょうか?
ミャー
男性ミャー(非公開)
はじめまして。 ぼくも水のはねは嫌です。 家であればシャワーを浴びます。 外出時は我慢。。。ですね。
このコメントに返信
にゃんた
女性にゃんた(非公開)
ミャーさん、はじめまして。 コメントありがとうございます。 外出時は、我慢ですか。私もです。 薬で何とか不安を抑えています。帰宅すると、もう強迫行為に走ります。聖域があるので、何とかきれいにしようとします。お風呂で念入りに洗い、汚れたと思う物はアルコール等で消毒します。 手洗いも強迫的で、薬用ハンドソープで決まった順序・回数で洗います。洗っている際、下から水がはね上がるようなら、はねたと思う所をまた洗います。入浴もはねとの戦いです。もはや「はね恐怖」ですね。 水ははねるものなのに、主に洗浄行為に関するはねが許せないです。 汚れに関するイメージが得体の知れない恐怖を伴い、汚れたという不安をかき消そうと、強迫行為に走ります。 人間の不安は究極は死と言いますよね。私の場合、汚れをきれいにしないと自分がどうにかなってしまいそうで苦しいのです。コロナで、自分のやってきたことを肯定してはいけないと思うのですが、病原菌には気を付けないとと思います。世の中は汚れで溢れているけど、菌の全てが悪さをする訳ではない。人間の免疫力をもっと信じようと思います。コロナ対策はしっかりとしますが。 汚れと上手く折り合いをつけて生きていくのが大切とも、周りから言わわれ、確かになと思います。何事も中庸がいいとも言いますし。完全を求めない。どうせ人間や世界は、完全ではないのだから。 少しずつ、捉われから自分を解放させるには、曝露療法をやってみるしかないです。強迫行為をしないのはすごく苦しいけど、長期的な目で見れば必要なことです。強迫で長く苦しむよりも。 目の前のできることからコツコツやっていきましょうね。 長文失礼しました。 コメント、うれしかったので、つい…
このコメントに返信
ミャー
男性ミャー(非公開)
僕の今を共有させてください😌 僕の場合の聖域はベットが一番大事です。 セーフティゾーンな感じですかね。   スマホだったり、汚れたかなと思うところは濡れたタオルで拭いてます。   そうそう、ぼくも悩んできて振り替えると、汚れとうまくいきるために、「妥協するところと、自分の中で譲れないところはとことん貫く』といった風に生活してます。 ぼくも強迫行為はやめられないので、やり通そうと思ってます😆 
このコメントに返信
にゃんた
女性にゃんた(非公開)
やっぱり聖域ってベッドですよね。私もです。 スマホもきれいにしなければ気が済まないです。 ミャーさんも悩んできたのですね。 悩みは尽きないですが、苦しくなったら吐き出しましょう。悩みを共有できるって、いいですね。 要は、生活するのに支障をきたしたり、苦痛を伴うような強迫行為は、何とか治していかなきゃいけませんが、何とか付き合えてるのであればそれでいいのかなあと思います。汚れと上手く折り合いをつけることですよね。妥協することもしっかりわきまえていれば、何とか生きていけると思います。
このコメントに返信
ページの先頭へ